「ヒラメラ」は欠かせない踊り子

マーメイド・カフェダンサーのトップスター5人のうちの一人、ヒラメラ。名前はSBSで紹介されただけですが、セリフは何度かあり、髪型が特徴的なこともあって、印象に残りやすいキャラです。

モデルの魚は、分かりやすく「ヒラメ」。ストレートすぎる命名なんですが、「ラ」が後ろにつくだけで、何だか優雅で上品な感じになってしまうのですから不思議です。

高級魚のヒラメですが、見かけ(形状)はどちらかといえば美しい部類には入らないかと思います。しかし、上半身が人間で、下半身が魚の特徴を持つ人魚の場合は、問題ではありませんね。下半身の色・模様、尾びれの形などは、確かにヒラメらしさがありますが、美しさには影響ないようです。

ヒラメ
ヒラメ

マーメイドダンサーのモデルにふさわしい魚なら、熱帯魚など他にもたくさん、かわいかったり美しかったりするものがいます。それにもかかわらず、なぜトップ5の一人がヒラメなのでしょうか?

この謎は、日本で育った人にしかわからないと思います。明確に語られているわけではありませんが、答えは「浦島太郎」の歌の中に。魚人島編は、多くの要素がこのおとぎ話から引用されていますね(挙げたらキリがありませんので、また別の機会にしたいと思います)。

ヒラメラに関わってくるのは、お約束である「宴」回、第649話のサブタイトルにもなった、『タイやヒラメの舞い踊り』。童謡「浦島太郎」の二番にこのフレーズが出てきます。「タイ」役はイシダイの人魚イシリーや、キンチャクダイの人魚セイラがいますが、「ヒラメ」役はヒラメラにしか務まらないのです。絵にも描けない(ような)美しい見開きページの中央付近で、彼女は優雅に舞って、大役を果たしてくれました。

あの宴の場での踊り子の「ヒラメ」役として、必然的に設定されたといえるヒラメラ。そう考えると味も素っ気もありませんが、こういった尾田先生の遊び心を見つけるのもまた、ワンピースの面白さの一つなんですよね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク