踊り子「パシア」の未来を案じずにはいられない

人間オークションにかけられた踊り子、パシア。運命に翻弄される、謎多き彼女について見ていきたいと思います。

彼女の登場シーンはごくわずか。はっきり顔がわかるのは、「奴隷一歩手前達」の一人として描かれる一コマのみで、体型がわかるのは、順番待ちをしている一コマのみです。「絶世の美女」「奇跡のプロポーション」というのは、ディスコのセールストークも炸裂しているのでしょうけど、ワンピースのキャラとして美女枠に入るのは確かなようです(サンジの反応は、一応場をわきまえてか控えめでしたね)。

話のメインであり、取引成立もあいまいに描かれたケイミーを除けば、忌まわしき人間オークションでの、最後の取引成立キャラとなったパシア。「天竜人の一件」がなければ、720万ベリーで競り落とした何がしかの下へ売られていくはずでした。彼女は運よく助かったものの、過去に同様のケースが数えきれないほどあったと思うと、やり切れなくなります。果たして世界は変わるのでしょうか‥

‥と、悲観的になってばかりいても仕方ありません。少なくとも今回救われた、彼女達の幸せを願いたいと思います。そもそも、どういう経緯で攫(さら)われたのか(もしくは売られたのか)がわからないのですが、彼女に帰るところがあるのかどうかがまず問題。願わくば、コアラのように帰りを待ってくれている人達がいてほしいものです。逃げ切るまでは、あのスタンセンが言葉通り活躍してくれることでしょう。同じ運命をたどった者です、腕っぷしの強い海賊達(ラキューバやバイロン)も頼もしい味方になってくれるはず。

パシアが再登場する可能性は、かなり低いと言わざるをえませんが、世界のどこかで幸せに暮らしている一コマがあったら、もう感涙ものですね。目を凝らして探していきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク