ドラマがありそうな音楽家、「バイロン」

「天竜人の一件」があったあの日、人間オークションのエントリーNo.1として、オークションにかけられた男、バイロン。変わった経歴の彼について見ていきます。

人間オークションがどのように行われるかがわかるように、初っ端であるバイロンのオークション部分は、しっかりと描かれていました。それにより、彼の経歴は詳しく知ることができました。パシア同様、セールストークも入っていることでしょうが、彼はいろいろ魅力的な男のようです。

まず、現職は「海賊」のようですが、音楽家の家系であり、楽器は万能であるとのこと。そもそもどこから得た情報なのかわかりませんが(オークション関係者に自ら話すでしょうか?)、有名なクラシックの音楽家に似た顔立ちも手伝って、高貴な家の出のようにも思えてきます。厳しい家に嫌気が差して家を飛び出したのか、それとも海賊に誘拐されて、そのまま自分も海賊になったのか、その謎だけでも興味が尽きません。

ワイン作りが特技というのも、音楽家とは別の面での高貴な印象を与えてくれますね。ワンピースの世界の中での、ほどよくいいガタイもただ者ではない感じ。捕らわれてからある程度経っているように見えますが、鋭い目つきは権力に屈せず、希望も捨てていない「誇り高い」彼の心を表しているかのよう。こんな運命に遭わなければ、一体どんな顔をしていたのでしょうね。

助け出されたシーンに、バイロンらしき人物はいないようです。一番目ということもあり、取引成立ですぐ連れていかれてしまった可能性もありますが、彼が今は無事に解放され、また新しい人生を歩んでいることを願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする