ハト派かもしれない「ガブル」隊長

新世界のとある島で活動していた革命家、ガブル。過去話なども含め本人の生きた姿は一切描かれていませんが、数少ない情報から得られる彼の感想を述べたいと思います。

彼の名前が出るのは、カリブーの表紙連載中。「革命の子」とも呼ばれ、維新軍と呼ばれる軍隊の隊長であったようです。顔は軍が掲げる旗や、祖母の持つ写真からわかるのですが、間違えられるのも当然というくらい、カリブーにそっくり(異なるのは前髪やヒゲの有無くらい)です。ついでに、名前も何となく似ていますね。

他に明らかになることといえば、ミートパイが大好きだということくらい。ガブル本人は話の最後まで登場することはなく、ラスト一ページで既に故人であったことが判明します。革命を成さんと戦いに生き、戦場で散っていったのでしょうか。維新軍の部下達が彼の生死を把握していなかったようなので、他の理由でひそかに亡くなっていたのかもしれませんね。

いかにもな強面をしており、職業は革命家となれば、かなり気性の激しい人物だったのかな、と勝手に想像してしまいますし、そうでなくてもカリブーのキャラが入ってきてしまうため、コワイ人なのかも‥と思うのは無理もありません。知られざる彼の内面を、身内の人からのルートでたどってみましょう。

彼の祖母が軍の連中を追い払ったのは、彼が既にいないことを知った後で考えれば、無関係のカリブーを巻き込まないように、という意図があったとも予想できます。しかし、演技をしたかどうかはともかく、本当の孫のつもりで軍から引き離そうとしていた可能性も残ります。もしかしたら、ガブルは戦いを好まない穏やかな人物で、無理矢理隊長にかつがれて、革命に参加していたのかもしれませんね。あくまで可能性があるというだけなのですが、できるだけ見た目に左右されてしまわないようにと、あえて逆張りをしてみました。

「維新軍」は革命軍と関係があるのか、という問いの答えは今のところ出ていませんが、おそらくあの島はカイドウの縄張り内であるため、革命軍が簡単には手出しできないところなのでは、と思います。となると、直接的なつながりはなさそうですね。ガブルの名前が再登場する可能性も低くなりますが、対カイドウというくくりでは、今後の物語と無関係ではありませんので、どこかに名前が出てこないか注目していきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です