「ギャロ」よ、よくぞ生き抜いた!

魚人海賊団マクロ一味のメンバー、デメキンの魚人のギャロ。ぱっと見、何を考えているのか掴みづらい彼について見ていきたいと思います。

ギャロが初登場したのは、はっちゃんの表紙連載中。ただしその際は、マクロ、タンスイと合わせて「マクロ一味」とか紹介されず、彼の名が明らかになるのは、本編(VS.トビウオライダーズ)での初登場時です。

ちょんまげを結っていたり、武器は日本刀であったりと、どこか「和」のテイストが見られるのは、金魚(の一種)の魚人だからでしょうか。ひょっとしたら、ワノ国にあこがれているかもしれませんね。

トレードマークの大きな目で表情は豊か‥と思いきや、目はいつも全開真ん丸で、眉毛もないため、かえって喜怒哀楽が伝わりにくいです。それが良い意味で、彼をどこか掴みどころのないキャラにしているとも言えるのでしょう。

出目金
出目金(デメキン)

ワンピースの世界では、魚人の強さは個人の能力だけでなく、モデルとなる魚(魚介類)の持つ特性も関係しているようです。(手足の数が多いなどの外見上の特徴はもちろん、サメ類モデルは強キャラが多いなど)。

出目金は中国で品種改良して生まれた観賞用の金魚であり、自然界で生きていくにはとても機能的とは言えません(タフなところはあるようですが)。そのモデルのギャロがここまで生き抜いてこれたのは、ある意味スゴイことなんじゃないでしょうか。

魚人島編での過去話にも、彼はしっかり登場しており、結成当時からのメンバーであることがわかります。コアラとの触れ合いの中では、笑ったり泣いたりして、いい奴っぽい描かれ方なのに、どうしてこうなってしまったのでしょう‥マクロ一味に戻ることで、卑怯者と罵られながらも生き抜く術を得た彼。と同時に、彼は辛い経験を重ねることで世を悲観し、感情を切り捨ててしまったのかもしれません。そうだとしたら、ちょっと切ないですね。

彼の出番は一通り終了したとも言えそうで、今後再登場する可能性も低いと思われますが、コアラとの涙の再会シーンはぜひ見てみたいですね。それをきっかけに、マクロ一味が更生してくれることも願いたいところです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする