「リヴァーズ」からもらえる小気味良さ

ベラミー海賊団の砲手で強面の男、リヴァーズ。メンバーの中では比較的目立っていた彼について、少しだけ見ていきたいと思います。

彼が初登場したのは、ベラミー海賊団の大部分のメンバー同様、モックタウンのトロピカルホテルに滞在している様子が描かれた時です。眉がなく口ひげを生やした、いかつい顔をしていますが、一番の特徴といえば、ポンポンを垂らした帽子ではないでしょうか。

名前および役職はエディ同様、「ブルー」で紹介されています。「ワンピース」の物語中では、狙撃手として紹介されるキャラは何人もいるものの、砲手はとても珍しく、今のところリヴァーズだけのようです(本編できちんと紹介されているわけではないので、そこにあまり特別感があるわけでもないのですけれども)。海戦ではきっと活躍してきたことでしょうが、陸に上がっても戦闘力はそれなりにあったようで、きつそうな蹴りを入れてゾロを吹き飛ばしています。

しかし、彼の見せ場はそこだけだったようです。セリフは他のクルーよりも多かったですし、登場コマ数も多い方だったのですが、ベラミーはもちろん、サーキースよりも下の存在では、活躍する余地はありませんでした。しいて言えば、ベラミーがルフィに倒された直後の彼の反応は必見です。普段は細目の彼が、目を真ん丸にして驚いているのです。小さなコマですが、(笑いを意図した)目を飛び出させる形ではないシンプルな驚きの表現で、読者に小気味良さを感じさせてくれました。

ベラミーの仲間だったリヴァーズもエディ同様、2年後では消息不明になっています。とはいえ、いつかどこかで、あの帽子をかぶったキャラがこっそり登場しているのを期待し、一コマ一コマ注意深く観ていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク