出オチキャラ「デュバル」の大転身

元トビウオライダーズ、改名して人生バラ色ライダーズのヘッド、デュバル。出オチの一発屋キャラかと思いきや、麦わらの一味の心強い助っ人となってくれた彼について見ていきたいと思います。

デュバルといえば、何と言ってもあの衝撃的な手配書顔の印象が強いわけですが、その笑いの要素に特化している点は今回は置いておき、それ以外の彼について掘り下げていきます。

彼を語るうえでは、意外と多いバルトロメオとの共通点を挙げていくと面白いです。思いつくものを以下に並べてみましょう。

  • 仲間とともに陸(おか)で悪さをしていた(デュバルはマフィア、バルトロメオはギャング)
  • なまりがある(デュバルは感情が高ぶる際、バルトロメオは常時)。
  • 麦わらの一味のメンバー(男性キャラ)に、直接出会う前に影響を受けた。
  • その結果人生が変わり、仲間とともに海に出た。
  • 麦わらの一味と出会い、頼もしい味方となり、行動を共にもした。

‥といったあたりなのですが、後から登場したバルトロメオの方が、能力者設定をはじめとしていろいろ優遇されているのが、新たな「デュバルの悲劇」といったところでしょうか。さらに、麦わらの一味の傘下入りにより、今後の出番・活躍もバルトロメオの方が圧倒的に多くなることが予想されます。

しかし、デュバルの健闘が一味にとって非常に大きなものであったことは確かです。ケイミーを救うことができたのも彼らの情報と足があったからですし、2年間もサニー号を守り続けてくれたのは、整形(パラージュ)ショットへの恩返しのレベルをはるかに上回っています。実際にはくまの戦力が大きかったには違いないでしょうけれど、弱くても守り続けるという心意気が素敵ではありませんか。くま同様、一味にとっての大恩人に認定されるべきですよね。

2年後の描写で、一応レイリーやサンジが労(ねぎら)ってくれてはいますが、デュバルにしてみれば当たり前のことをしたまでといった感じで、恩着せがましいところは見せていません。どちらかといえばギャグ寄りのキャラになってはいますが、だからこそさり気なくカッコイイ、隠れた名バイプレイヤーであると思います。

デュバルは今後どう描かれるでしょうか。残念ながらあまり強くないですし、船もないので新世界への参戦もできそうにありません。全治一年がいつからなのかわかりませんが、その期間中に物語が完結する可能性すらあります。しかし、彼も一味の傘下のようなものですから、きっと何らかの形で出番があり、彼らしい活躍をしてくれることを願っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク