「マクロ大佐」とマクロは違うのです

ツキミ博士により生み出されたからくり人形の一体、マクロ大佐。鎧で身を固めた騎士っぽい彼(仮)について、少しだけ見ていきたいと思います。

マクロ大佐は、エネルの表紙連載中に登場したからくり人形です。その名は「ワンピース ブルーディープ」の中で公開されました。中世の騎士のような見た目と、名前の「大佐」とのアンバランスさが面白いですね。四体の名前はいずれも宇宙に関係する言葉が使われているようですので、「マクロ」は「マクロコスモス」が由来なのではと思っています。魚人海賊団マクロ一味のマクロの方は、「マクロファリンクス」(=フクロウナギ)から付けられたものでしょうから、マクロはマクロでも細かく見れば別ということになりますね。

同じ名前で紛らわしいな‥と正直思いたくもなります。その場合、登場も名前の公開もマクロ大佐の方が後なので、どちらかといえば不利な立場にはなるでしょう。しかし四体のからくり人形は、階級に見える部分も名前の一部と考えられますので、魚人のマクロとマクロ大佐の関係は、クロとクロッカス(他にクロオビ、クロコダイルなど)のようなものと思って納得することにしています。

彼らからくり人形については、おそらく個性がありそうということは、ギャラクシー将軍の記事の中で述べました。ではマクロ大佐はどうかというと、特に彼らしいといった行動が見当たらないため、判断が難しいところです。剣と盾(ラストカットではランスを手にしていますが、戦利品でしょうか?)を持って戦うところは、騎士らしい見た目通りといえますね。もしかしたら、性格はサンジのように騎士道精神あふれるものなのかもしれません。もし本編で登場することになったら、そのあたりまで描かれることになったらうれしいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク