ほんわか食いしん坊「ゼウス」

ビッグ・マムのしもべであり、分身ともいえる存在のうちの一体、雷雲のゼウス。強敵ながらどこか憎めない彼?について、少し見ていきたいと思います。

ゼウスの初登場は、ビッグ・マムがミュージカル仕立てで登場した際で、まだ名前は公開されておらず、他の様々なホーミーズも一緒でしたので、あくまでそのうちの一体にすぎないというくらいの存在感でした。見た目もほんわかしていて、とても怖い存在には思えませんでしたね。

しかし、パウンドからの情報により、マムがゼウスという雷雲を従えていることがわかります。ギリシャ神話の最高神の名前ですから、普通のキャラには簡単には付けられないはずものすごく恐ろしいキャラがいるんだこの時は、まだそれくらいにしか思っていませんでしたね。それが、先に登場していたあのかわいらしい雲のことだったとは

その後、ゼウスはビッグ・マム自身の魂から生まれたことが明かされ、いよいよ特別なホーミーズであることがはっきりします。ブルックとの戦闘シーンは省かれているため、彼が作中で本格的に実力を発揮し始めるのは、ブルック救出作戦あたりからですね。雷による攻撃が非常に強力であることは疑いようがないのですが、「ワンピース」ではエネルやナミが既に用いていますし、特にエネルのインパクトが強すぎますので、そのあたりはどうしても後発のゼウスは不利といえるかもしれません。

これでゼウスがただの戦闘兵器のような扱われ方であったら、新鮮味のないキャラで終わっていたことでしょう。しかし、彼はビッグ・マムの分身らしく、食いしん坊という個性を前面に出すことで、同じ雷属性といえるナミに寄っていくという見事な立ち回りを見せてくれます。寝返るとか裏切るとかいうほどのことをしたわけではなく、ただ食欲に負けてしまっただけというのも、イメージ戦略としてうまいですよね。結果的に彼は主を変えることになるのですが、ある意味純粋といえる性格の彼は、食べ物で惹きつけておきさえすればいいわけで、癖はあるけど一応信頼できる味方キャラという、彼ならではの面白い立場を確立したといえるでしょう。もし普通の人間などのキャラだったら、またはホーミーズでもマム以外の魂由来だったら、とてもこうはいかなかったでしょうね。

雷雲である彼のもう一つの特性は、雲であるということ。「ワンピース」の中では、人が上に乗ることのできる雲も当たり前のようにあるのですが、その点については彼は少し特殊です。基本的には、元の魂の持ち主であるビッグ・マムしか乗ることができないとのこと。でも、結婚式の際は巨大なティーカップを介してはいますが、サンジ&プリンも乗ることができているんですよね。そのあたりはどう解釈したらよいのでしょう‥移動手段として便利すぎますので、この先は封印されるかもしれませんね(ライバルのサンジにとっても、ありがたいことなのかも)。

立場を変えることで、ワノ国編以降も十分活躍が期待できそうなゼウス。唯一の気がかりといえば、元の主と再会するような状況が訪れたら‥というもの。ただ、元主と主のどちらにつくかといった葛藤は、彼には似合わないような気もします。彼の消滅イベントのようなものがあって、涙を誘う展開ももしかしたらあるかもしれませんが、あるとしたら十分に彼が味方として活躍してからのことでしょうね。見てみたい気もしますが‥やっぱりいつまでも新しい主の下で幸せに暮らしてほしいかな‥

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする