「ワンピース」第902話 400字感想

別設定の扉絵でも、WCI編を連想せずにはいられない「お菓子退治」。

「END ROLL」に相応しく、主要登場キャラが勢揃いの回。畳みかけるように涙腺を刺激されました。

涙をこらえ、サンジを慰めるキャロット、もう健気すぎて涙。彼女にしかできない役でした。

サンジとの思い出を振り返るプリン、切なすぎてまた涙。WCI編主演女優賞を贈りたい。

カタクリ&ブリュレの兄妹、二人のやり取りにほっこりでウルっ。この二人あってこそのWCI編。個人的に助演男優・女優賞は決まり。

WCI編はこの話をもって終了‥後にお楽しみ‥?でも、すべての結末を描くにはその量じゃ足りないし‥

大団円にはならず、もやっとしたところは残りますが、侵略された側の立場も考えられ、四皇の強さも揺るがさず、とこの形が取られたのでしょうか。

シメは「父子」のシンクロ「召し上がれ」。主演男優賞はやはり彼しかいません。サンジというキャラの見事な肉付けに拍手!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク