「ワンピース」第906話 400字感想

コロンブス、意外な見た目に一本取られました。本編での登場が楽しみ。

聖地の人工的な美しさの裏には、しっかり闇がありました。そして、性懲りもなくチャルロス再登場。嫌な展開もありそうですが、ルフィの代わりはサボがいました。

姫様達の夢の競演!話題の対象は、もちろんルフィ、そして麦わらの一味なのですが、自分のことのようにうれしくなってしまう幸せ。彼女達の今の美しい笑顔は、一味の冒険あってこそですが、彼らはあくまで陰のヒーロー。彼らとの思い出、そして彼らへの気持ちは、今はそっと心にしまっておかなくてはなりません。それを共有できる数少ない仲間との、まさに運命的な出会い‥世界を変える心強い力となってくれそうです。

ラストに描かれたのは、ドフラミンゴの言う国宝!?何とも意味ありげな巨大な麦わら帽子!物語はどんどんクライマックスに近づいていき‥楽しみだけど、淋しさも感じてしまう複雑な心境、分かってもらえますか?

前(第905話)へ 次(第907話)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク