「ワンピース」第922話 400字感想

敵の奥の手として巨大化変身するパターン(ワンピースだとエネルやシーザー)は、倒される前の秒読み段階といった感じなのですが、カイドウにはまったく当てはまらないようです。

挨拶代わりの一撃‥効いているとは思えませんが、胸のすくものであったのは確か。不意をついたわけですから、ゾロやローの攻撃だったらな‥なんて意地悪なことも考えてしまいますが。

「おさらい」での九里の位置関係、大幅修正する必要ありそう‥

ジャック、「おまいう」発言。「災害」も主の前では小ぢんまりした感じで、おとなしく傷の手当を受けているなど、いじられキャラとなりつつあるような‥

一方でホーキンス、頭の切れるところを見せてきていますね。ジャックと並べると尚更です。嘘で国を守る(そんな美しいものでもないですが)流れ、ペロス兄を思い出しました。

同盟軍の安否も気になりますし、vs.カイドウの第一ラウンドはどう収めるのか‥次週が待ち遠しいですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク