短期集中表紙連載第22弾

第22弾 『世界の甲板から 5億の男編』
掲載話Vol.サブタイトル主な登場キャラ
8051”海の果てまでニュース・クー”
8062”フーシャ村”
8073”シモツキ村”
8084”シロップ村”
8105”バラティエ―色々あるが元気で何より―”
8126”ココヤシ村―よくもこんな悩ましい写真を手配書に !! ―”
8137”双子岬―ラブーンは絶好調―”
8148”サクラ王国―兵士のカブトデザイン変更―”
8159”アラバスタ王国”
81610”ウォーターセブン―「お前とうとう…」―”
81811”バルティゴ”
81912”未来国バルジモア”
82013”トリノ王国”
82214”シャボンディ諸島―荒ぶるマネージャー達―”
82315”ボーイン列島にはまだ帰らず”
82516”ウェザリア―ナミちゃんに今度会ったらオシャレっていわれたい―”
82617”元シッケアール王国―元戦場を耕して―”
82718”カマバッカ王国―準備中―”
82819”魚人島―流行るヒーローの帽子―”
83020”シャボンディ諸島”
83121”ルスカイナ―なつかしいボスの顔―”
83422”女ヶ島”
83623”ある島の青キジ”
83724”ある荒廃した島―赤髪海賊団―”
83825”ある荒廃した島での結婚式”

一味にかけられた懸賞金がアップしたことで、再び世界の人々の様子が描かれました。数字で見ると第19弾との間が短いようですが、実際の時間では3年半近くが経過しており、再びこのシリーズが描かれるのを楽しみにしていた読者も多かったのではないでしょうか。

ただし、作中の時間では、パンクハザード編序盤~ゾウ編開始早々という間にすぎません。2年以上ごぶさただった人達の様子が描かれた前回ほどは、大きな変化がないのは当然のことです。

ですので、今回の物語は、新しい手配書を目にした人々の反応そのものを見ていく、という楽しみ方になるかと思います。

思えば新しい一味の手配書には、いろいろな変化がありました。単に懸賞の金額が増えただけでなく、ナミの写真はよりセクシーになり、ウソップやサンジは実質初の顔出し、フランキーは逆に別人(?)になっています。

そんな変化を、特に彼らにとって大切な人達が目にする反応はそれぞれですが、どれもほほえましいものですね。前半はそのように特別な存在の人達の様子が描かれています。

後半に入ると今度は、前回は描かれなかった、それぞれの修行地でお世話になった人達の様子が描かれます。一味全体に対してウェイトは占めなくても、メンバー一人一人にとっては、大切な恩人達ですからね。

そして最後には、とても気になるショットが!「結婚式」というのは誰と誰のものなのでしょうか!?ラスト1コマの重要性は、これまでの表紙連載で十分に実証されていますから、これが本編にどうつながるのか‥楽しみでなりません。

その他に注目点をいくつか‥

  • バルティゴ ‥ 崩壊間近の時ですよね。ほのぼの描写はフラグになってはいないはず。素直にほほえましく思うことにします。
  • 元シッケアール王国 ‥ ペローナ、スリラーバークからとんぼ返りか。ここでの奇妙な共同生活、意外にお気に入りのようですね。
  • カマバッカ ‥ 「準備」は革命軍関係っぽい。先に描かれたヘラクレスンやハレダス達が集まってくるのかも!?
  • 青キジ ‥ 今後の重要人物の一人として登場したと思われますが、同時にロビンにとっての特別な存在でもある彼。ロビン一人だけ、他のメンバーのように新聞を見て微笑んでくれる人がいないかと思いきや、しっかり見守ってくれている「保護者」がいて、ほっこりです。

短期集中表紙連載一覧

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする