短期集中表紙連載第7弾

第7弾 『ゲダツのうっかり青海暮らし』
掲載話Vol.サブタイトル
3141”空から天使が舞い降りる”
3152”穴だらけの島”
3163”うっかり生きてた”
3184”穴掘り男ゴローの夢は“温泉島””
3195”おれは青海の番長になる事にした”
3206”穴掘りの日―呼吸せねばゲダツ様―”
3217”穴掘りの日―口に入れねばゲダツ様―”
3228”穴掘りの日―まばたきせねばゲダツ様―”
3239”穴掘りの日―入らねばゲダツ様―”
32410”穴掘りの日―地面に立たねばゲダツ様―”
32511”ウッカリなんか掘り当てた”
32612”ウッカリ起こした伝説の土番長”
32813”空番長vs土番長”
32914”うっかり倒した”
33015”下部にして、うっかりヘルメットを改造してみた”
33116”掘れ掘れ土番長”
33217”掘り当てました~イエーイ”
33318”爆音聞きつけた森番長”
33519”森番長も手下につけた空番長”
33620”森番長に島を任せてもっと掘れ掘れ土番長”
33721”ドンと出た砂漠のオアシス”
33822”コ―ザのオジで、トトの弟・ゴロー偶然帰郷”
33923”温泉視察団”
34024”帰ってびっくり森番長の大仕事”
34125”砂の国より“うっかり温泉島”行トンネル開通”
34226”ハサミの海底バス開業”
34327”王女の一行やってきた”
34428”男湯”
34529”女湯”
34630”青海の番長になったゲダツ様”
34731”それは番頭でございますゲダツ様”
34832”一度はおいで温泉島のうっかり湯”

空から落ちた天使、ゲダツ様。
小さな島でゴローと出会い、それぞれの夢に向けて、うっかりづくしの穴掘り生活が始まりまります。
いつの間にやら子分も増えて、ついに二人の夢叶う時来たる!?
大オチに向かって進んでいく、どこかほのぼのとした夢追いの物語。

  • その後本編で再登場するキャラ
    コーザ、トト、カルー、ビビ、イガラム、チャカ、ペル
  • ここが初登場となったキャラ
    ゴロー、土番長、森番長
  • その他の登場キャラ
    ゲダツ、ハサミ、超カルガモ部隊(マツゲ含む)、テラコッタ、クンフージュゴン

うっかり空番長ゲダツ様、四皇もビックリの大落下で青海に。そこで出会ったのは愚直な夢追い人、ゴロー。意外にもコミュニケーション能力は高かったらしく、すぐに打ち解け、「青海の番長」になるという夢を叶えるため、ともに穴を掘っていくことになりました。

うっかりの連発で笑わせてくれた後は、番長対決を次々と制する硬派?な展開。二人の努力の甲斐あって、ついにゴローは夢叶い、故郷に錦を飾ることができました。ついでにゲダツ様も、念願叶って「番長」に返り咲き!?オチも決まっておあとがよろしいようでと、今のところ物語からは退散しています。

かなりローカルな物語であることから、ゲダツ様が「番頭」として腰を落ち着けたのであれば、本編に再登場する(メインストーリーに絡む)可能性は低いと考えられます。そういった意味で、この物語もシリーズ中異色なものといえるかもしれません。それでも「つながり」があるのがワンピース。うっかり温泉島と砂の国をしっかりつないでくれているわけですし、ペルの安否も含め、アラバスタのその後を垣間見せてくれた大切な一つの欠片です。


第7弾は「GREEN」で物語を通して読むことができます。

短期集中表紙連載一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク