ワノ国編で誰が活躍するか(元白ひげ海賊団隊長編その1)

物語も佳境に入ってきた「ワンピース」。突入間近に迫ったワノ国編には、数多くのキャラクターが登場し、たくさんの見せ場を作ってくれることでしょう。

その中で今回は、元白ひげ海賊団隊長達の中で、誰が登場し活躍するかを予想してみます。

ネコマムシの旦那がわざわざ応援を頼みに行ったくらいですので、元1番隊隊長マルコが参戦するのはほぼ確実と思われます。「鬼」(=カイドウ)退治のためには、桃太郎(モモの助=光月家)の家来として、犬(イヌアラシ=ミンク族)・猿(ルフィ=麦わらの一味)・雉≒鳥(マルコ=元白ひげ海賊団)は欠かせません。昔話で家来になるのも一般的に上の順番とのことで、きれいにつながっていますね。

では、それ以外の元隊長についてはどうなるのでしょうか?さすがのマルコでも、一人きりでは他との戦力バランスが取れていませんので、仲間は連れてくることでしょう。かといって、14名の元隊長が全員参戦したとして、そのすべてに見せ場は作れるのか、といえばかなり難しいですよね。もしかしたら、黒ひげ海賊団との落とし前戦争で、命を落とすまではいかないまでも、再起不能となっている者も出ているかもしれません。では一体誰が活躍することになるのでしょうか‥ただ妄想が膨らんでいくだけでは収拾がつきませんので、まずは客観的データから探ってみることにしましょう。

白ひげ海賊団の隊長達が活躍したといえば、2年前のマリンフォード編(頂上戦争)です。そこでそれぞれにどれくらい出番があったかを調べれば、尾田先生が推しているキャラもわかるかもしれません。ということで、白ひげ海賊団が姿を現した第551話から、戦争終結の第580話までの計30話で、各隊長が何回登場したかを数えることにしました(本当は一コマ一コマカウントしていくべきなのでしょうけれども、簡略的に1話に何度登場しても1回とし、30話中何話に登場しているかを数えています)。見落としや誤カウントがあるかもしれませんが、ご了承ください。

それでは、回数の少ない順から発表していきます。

第16位 サッチ 1話

既にお亡くなりになられているので、回想シーンでの登場1回のみです。仕方ありませんね。

第15位 ナミュール 4話

少なすぎで見落としがあるかもしれません。魚人の利を活かして海中で戦っていたため?描かれにくかったのでしょうか。

第14位 スピード・ジル 5話

彼も他と比べて少なすぎです。一部帽子の色が異なるキャラも、彼とみなしてカウントしてあります。

第12位 ブラメンコ、キングデュー 7話

能力者らしい見せ場のあったブラメンコと、肉弾戦のキングデュー。活躍は今一つでした。

第10位 ブレンハイム、アトモス 10話

どちらも巨体という共通点が。それ故コマに潜り込ませにくいですが、凍らされたジョズを運んだブレンハイム、(一方的にやられたものの)ドフラミンゴと対峙したアトモス、一応両者とも見せ場がありました。

第7位 ラクヨウ、クリエル、ハルタ 11話

目立った活躍は少ないものの、意外と出番の多かったラクヨウとハルタ。クリエルはモリアと対峙し、名前も呼んでもらっています。

第6位 イゾウ 12話

絵になる男はとにかく目立ちました。大きな活躍シーンというものはなくても、コンスタントに登場して印象に残っています。

第4位 ジョズ、ビスタ 14話

前半大活躍したジョズですが、(相手が悪かったものの)青キジに凍らされ、そのままで残念な退場となります。一方のビスタは、ルフィを援護するシーンが多く、剣士としてのゾロの代わりといってもいいくらいの大活躍でした。

第3位 フォッサ 16話

数えるまでは思いもしませんでした。どちらかといえば地味で渋いおじさんキャラですが、とにかくよく登場しています。ただ、目立った活躍シーンがあるわけではありません。

第2位 エース 22話

頂上戦争ではもう一人の主役扱いですから、多いのは当然のこと‥この集計に彼を含めるのは、当初の目的と異なるのですが、作中他の隊長と同じ場に立つことの少なかった彼にも、同じ権利を持ってもらいたかったということで。

第1位 マルコ 25話

途中退場のエース超えで、堂々の1位となりました。中盤は少し残念な感じでしたが、全編を通して圧倒的に多く出番をもらっていて、見せ場もたくさん作っています。

以上の結果になりました。16人の隊長は同列扱いとのことですが、出番の数にはかなりの差がありましたね。この結果を踏まえつつ、各キャラの能力等も加味して、次回はワノ国編で活躍する元隊長を予想してみたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク