ワノ国編で誰が活躍するか(番外編)

すでにワノ国編が始まって10話以上‥この段階で記事にするのもどうかと思うのですが、第919話でろくろ首のキャラが登場したことを受けて、今後どんなおばけ・妖怪キャラが登場するのかを予想することにします。後出しではありますが、温かい目でご覧ください。

「ワンピース」の物語には、現実世界には存在しない(と思われる)生き物もたくさん登場しています。人魚や獣人、小人・巨人は種族として存在していますし、ゾンビや擬人化した非生物などは、悪魔の実の能力で生み出されたものとして描かれてきました。いわゆる西洋のおばけ(モンスター)の類のキャラ達も、悪魔の実の能力で説明されるものが多かったと思います。しかし、「ワンピース」の作中の世界は広く、可能性に満ちており、モンドールの本の中に囚われていたキャラ達のように、珍しい少数種族はまだまだいるとも考えられます。

では、ワノ国編に登場しているおばけ・妖怪キャラ達はどうでしょうか。天狗山飛徹一人だけではまだわかりませんでしたが、新たに登場したろくろ首のキャラの描かれ方で見えてきました。彼らはワノ国には当たり前のように存在しているようなのです。花の都で子ども達が普通に接している様子からすると、種族に数えられるほどたくさんいるわけでなくても、特別珍しいというほどでもない、ちょっと個性的な人くらいの感覚で捉えられているのでしょう。だとすれば、これからもまだまだワノ国ならではの「和」のおばけ・妖怪達は登場してきそうですよね。「活躍する」かといわれると、そこまで優遇されるキャラは少ないと思われますが、「登場する」くらいであればハードルも低いですので、そのレベルで予想してみましょう。

独断と偏見でメジャーな「和」のおばけ・妖怪を挙げ、登場期待度を10段階で表してみます(1:低←→10:高)。


  • カイドウのモデルっぽいので、他には出さないのでは(カイドウとして10、それ以外は1)。
  • 河童
    外見はかなり個性的とはいえ、人型なので可能性は高いのでは。サンジとかぶる?(9)
  • 座敷童子
    見た目でわかるというよりは、エピソードあっての妖怪なので、可能性は低め?(3)
  • 雪女
    知名度は絶大だが、すでに似た形でモネが出ているので期待薄か(2)。
  • のっぺらぼう
    個性がないのが個性だとすると、モブキャラあたりで登場?(6)
  • 一つ目小僧
    メジャーだけど、今の世の中だと生きにくそう‥(5)
  • 唐傘お化け
    いかにもなおばけだが、人型とはいえないので‥(3)
  • 海坊主
    舞台はほぼ陸っぽいし、ワダツミも出ているのでほぼなしか(1)。
  • 狐・狸
    「和」の化ける動物達‥ボンちゃんや錦えもんに変身能力として流用されてはいる。普通のタヌキはすでに博羅町で登場済(4)。
  • 砂かけばばあ・子泣きじじい・一反木綿・塗り壁
    このあたりは出来上がったイメージが強すぎるので難しいのでは(2)。
  • ヤマタノオロチ
    将軍の名はここからか。首の数まで一致するかは不明だが、錦えもん達のセリフからすると、龍(竜)として登場する可能性大(8)。
  • 九尾の狐
    こちらもラスボスレベルの妖怪として有名だが、それ故に安易には使えなさそう(3)。

‥といったところでしょうか。ろくろ首のキャラのような描かれ方をするのが自然な感じでよいかと思いますが、一人くらいはおばけ・妖怪の中から参戦して活躍するキャラもいても面白そうですね。楽しみに待ちましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク