ワノ国編のおさらい(第931話の時点)

「ワンピース」第931話の時点の状況のおさらいです。
今回描かれた確定の部分は、背景を白色にしています。

ワンピース第931話の状況

花の都(6条2区)

おそばマスク(=サン五郎=サンジ)vs.ページワン戦が始まりました。科学の力でパワーアップしたサンジですが、飛び六胞の力もあなどれないようで、あっという間に決着、というわけにはいきませんでした。とはいえ、ページワンは人獣型の姿も見せてしまいましたし、有言実行でサンジが強制退場させることに‥!?舞台はえびす町に移るようですし、とりあえず都での騒乱は収まるのではないでしょうか。

そういえば、ローは置いておくとして、一味のメンバーはパッフィング・トム上の3人ですね。途中で一人が変身という流れも同じ‥意図していたのだとしたら、さすがというしかありません。

花の都(オロチ城)

おロビ、かなり大胆な潜入捜査をしていました。小紫というキャラが登場したことで、ロビンが色仕掛けで将軍側に接触するという流れは作りにくかったですからね。彼女は物語全体のキーパーソンですから、その立場を危うくするという展開は、クライマックスに向けても必至ともいえます。その一方で、彼女は一味の中でもしっかり者なので、なかなかピンチに陥ることはなかったんですよね。そのあたりをどう動かしていくのか‥たくさんの要素が入り混じったワノ国編では、彼女にまではスポットが当たることはないと思っていましたが‥果たして!?案外思わぬ助っ人が現れて、意外とあっさりあの状況をしのぎ切るなんてことも?

オロチお庭番衆、これでもか!というくらいの登場人数でしたね。おそらくほぼ勢揃いなのではないでしょうか。振り返ってみると、オロチが独りでCP0と密談できたのも、彼らが陰に控えていたからかもしれませんね。オロチには強くあってほしいと願う身としては、不利な事実なのかも‥。

九里(九里ヶ浜)

お玉の治療は一段落ついたようですので、準備期間中のチョッパー(偽名は「チョパえもん」でした!)は影が薄くなってしまうところでしたが、とんでもない役割が待っていました。まさかこのタイミングで、九里に、独りで、ビッグ・マムが漂着することになるとは!しかも記憶喪失!都合がものすごく良すぎなんですけども、先が楽しみでたまらなくなりましたから、全然OKですね(笑)しばらく無邪気な子どもリンリンで居てくれるのであれば、敵対することにはならなさそうですが‥配下の子ども達のこととか、食べ物のこととか、気になることも多いですよね。

おまけに、今回の好きな一コマは‥モモの助とお玉、二人が「?」と首を傾げたところです。かわいすぎ!そして、もっともっと二人が仲良くなってほしい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

にほんブログ村バナー

ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーリンク
スポンサーリンク